登山は健康的なトレーニング!健康に良いって本当?

アウトドア

これから登山を始めようと考えている人も、登山に興味があって調べている人も『登山は健康に良い』というキーワードが出てきたのではないでしょうか?

 

登山を始めるにしても、すでに登山をしている人にとっても登山が健康に良いなら朗報ですよね。

そこで今回は、

・登山は健康的なトレーニング!
・健康に良いって本当?

について記事をまとめていきたいと思います!

是非、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

登山は健康的なトレーニング!

山, 高山, 滝, 緑, 光, 太陽, 風景, 自然, パノラマ, 登山, 夏, 報告

トレーニングといえば、スポーツジムの会員になって筋トレ器具を使ったりランニングマシーンを使ったりと人工的なトレーニングを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

確かに、スポーツジムに通えばある程度の設備が整っているのでトレーニングをする環境であることに間違いはないのですが、月額料金を払ってまで通いたいか?

と言われてしまうとそうでもない…

そんな人は、登山でトレーニングをしてみましょう!

自然を感じながら運動できると考えるだけで、なんだか気分が良くなってきますよね!

登山は有酸素運動でも効果が高い

トレイルラン, 男性, 歩道, ウルトラトレイル, 実行, フィットネス, 自然, ランナー, スポーツ, 人

トレーニングを考えている人であれば、有酸素運動という言葉にも聞き覚えがあるかと思いますが登山の有酸素運動は、ジムで行うよりも何倍も高い効果を発揮するんです。

登山では必ず登りという行動の後には下りといった行動がセットになってきますが、この両方で下半身の大きな筋肉に負荷がかかりジムで筋トレをしているのと同じ効果があるんです。

しかも登山では、山頂に近づけば近づくほど酸素濃度がうすくなり身体に強い負荷がかかっていきます。

よく漫画などで見る、山の中にこもりトレーニングをするというのはこの負荷を上手く利用したトレーニングという訳ですね。

力試しができる

日没, 男性, シルエット, 支援, 救いの手, アドベンチャー, 高さ, 登山, 山, ピーク, サミット

登山トレーニングをするうえで、同じ山を続けて山頂まで登れるようになったら今まで登っていた山よりも難易度の高い山に挑戦してみましょう。

何度も繰り返し同じ山を登ることによって、次第に山を登るという行為に慣れていき体力もついていきます。

山頂まで登り切ったときの達成感を更新していけば、間違いなく登山にハマっていることでしょう。

 

登山が出来る山は日本各地に存在するので、旅行がてら登りに行くのも楽しいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

健康に良いって本当?

ヨガ, 強度, 女性, バランス, 適合, フィットネス, 若い女性, フィットの女性, ウェルネス, ポーズ

登山が健康的なトレーニングであることは紹介しましたが、本当に健康には良いのでしょうか。

一般的に登山は普段使わない筋肉を使うので全身運動となり血行不良の改善や肩こりや腰痛の予防・改善につながると言われています。

また、登山ではリュックを背負うことが多いのですが内側に入ってしまっている肩が開き猫背の解消にもなるとも言われています。

登山について色々調べていると『登山 健康 悪い』という気になるキーワードを見つけたのでそれについて調べてみました。

その結果、登山が健康に悪いのではなく登山に行けないことによるストレスが健康に悪いというものでした。

確かに登山の魅力にハマってしまった人が、何らかの理由で登山に行けない期間が長くなってしまうとストレスを発散するはけ口がなくなってストレスが溜まりそうですね…

 

心臓が弱い人は注意

スポーツ, 疲れる, 歯を食いしばり, すべて与えます, レジャー, スポーティです, クランチ, 腹プレス

登山をするうえで、心臓が弱い人は注意をしなくてはいけません。

登山は、気温や気圧の変化が大きく心臓への負荷が大きくかかってしまうため心臓が弱い人は、専門医からの診断を受けてから挑戦するようにしましょう。

高山病にも注意

山, 空, ピーク, 雲, シーラス, 巻雲の雲, 山岳地帯, 山の風景, サミット, 山頂, 風景, 自然

登山をしている人が注意しなくてはいけないのは、高山病です。

高山病は、高地で酸素の濃度が薄くなってきた際に誰にでも起きてしまう症状で『頭痛、疲労、吐き気や食欲不振』などの症状が現れます。

体調の変化に気を張り巡らせ少しでも、体調が悪いと感じた場合は下山するか酸素を補給するようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は『登山は健康的なトレーニング!健康に良いって本当?』について記事をまとめました。

登山は、健康的なトレーニングとしても人気がありますが『心臓病や高山病』に気を付けなければいけません。

気を付けるポイントさえしっかり意識すれば、自分自身に挑戦し続けることができます!

もし、健康の為に登山を始めようと考えている人はいきなり高い山には挑戦せずに低い山から始めるようにしましょう。

 

リスクのあるソロ登山で得られる感動とは?リスクの回避方法を解説!

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました