茨城県袋田の滝は楽しみ方が沢山あっておすすめ

自然・景観

こんにちは、今回は「茨城県袋田の滝」がおすすめなので体験談をお伝えします。

スポンサーリンク

茨城県袋田の滝は一番迫力がある

袋田の滝は日本の3名瀑の一つで、3つの滝すべてを見ましたが、一番迫力がありました。

展望台から滝までの距離がすごく近く、滝から流れる水が、轟音を響かせて落ちてきて、その水流がもたらす下から巻き起こる風と水しぶきが間近に感じられます。

また、滝は様々なアングルから見学できるのも特徴的です。真正面はもちろん、少し離れた吊り橋からは、滝を下から見渡せますし、新しくできた第2、3展望台からは滝の全体像を見ることができます。

 

 

滝そのものも見ごたえがあリますが、その展望台まで行く道のりも、雰囲気があって素敵です。

滝はトンネルを通った先にあり、そのトンネルはオレンジ色のライトが点々と続く道となっています。

暗いトンネルの中、そのオレンジ色のライトがとてもロマンチックに灯されています。

トンネルには分岐があって、その一つの分岐に、オシドリを模したモニュメントが飾られていました。

 

 

茨城県大子町の鳥でもあるオシドリをモチーフに、恋人の聖地として多くの恋が育まれることを期待して設置されたそうです。

轟音を響かせる滝と、恋を育むモニュメントにギャップを多少感じますが、ほの暗いトンネルを歩いて滝に向かうにつれて、

この道程で恋が育つ可能性もあるのかと思い、あながちずれてはいないのかもと感じられるようになりました。

スポンサーリンク

茨城県袋田の滝は楽しみ方が沢山ある

袋田の滝の魅力的なところの一つが、滝をとても間近で見ることができることだと思います。

那智の滝も華厳の滝もその大きさ(落差)に圧倒されますが、この袋田の滝ほど一般には近くで見ることができないです。

轟音や水しぶき、そして下から吹き上げてくる風のすべてを数メートルの距離で感じることができます。

 

 

また、袋田の滝は、別名「四度の滝」と呼ばれています。

滝の流れが大岩壁を四段に落下することからそう呼ばれているそうですが、

一説には、西行法師がこの地を訪れた際、「この滝は四季に一度ずつ来てみなければ真の風趣は味わえない」と絶賛したことから、そう呼ばれているとも伝えられています。

つまり、四季折々違った味わいがある滝なのです。

特に、冬の袋田の滝は、アイスクライミングができるそうです。真冬には、滝全体が真っ白に凍結し、人がその凍った滝を登れるようになります。

訓練をちゃんとした人でないと登れないかもしれませんが、3名瀑の一つを登れるというのは貴重な経験です。

さらに、この滝へは、全長約270メートルのトンネルを通って行きます。

 

 

このトンネルは、オレンジのライトに灯されていて、雰囲気が良いです。

また、時期によっては、トンネル内でイルミネーションも装飾されて光が美しくトンネルを彩ります。

 

スポンサーリンク

まとめ

オシドリのモニュメントもあり、ゆっくり恋人同士で訪れるには、まさに打ってつけの場所です。袋田の滝は、恋人同士で訪れるのはもちろんのこと、ひとりでも、家族でも、友人達や仲間達とゆっくりと楽しむことができるおススメの滝です。

 

片品渓谷【吹割の滝】は夏におすすめ

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました