【登山初心者必見】夏の登山でおすすめの山ごはん7選

登山

夏といえばアウトドアの季節ですが、その中でも「登山」はとりわけ人気です。

色とりどりの木々や花々、都会にいると目にすることのできない生物など、豊かな自然に触れると最高に気分がリフレッシュしますよね。

 

そんな夏の登山をより一層盛り上げてくれるのが、「山ごはん」です。

自然に囲まれた環境で食べるご飯は、また一段と美味しく感じられるでしょう。

しかし、夏の登山に持っていく食品には、いくつか考慮しなくてはならない条件があります。

 

登山をする上での注意点と合わせながらご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

夏登山の山ごはんはどんな食事が最適?

登山に持っていくご飯として、皆さんはどんなものが思い浮かびますか?

登山の食事には様々な制限があるため、「山頂でこんなご飯を食べたい!」という理想があっても、難しいと考えている方も多いのではないでしょうか。

結論からすると、以下のポイントを抑えた食材選びをすれば、満足のいく山ごはんが可能となります。

傷みにくい食材

当然ながら、夏の登山となると炎天下の中、何時間も食品を持ち運ぶことになります。

そのため、高温の状況下が続いても傷まないことが最低限の条件となります。

せっかく美味しい食品を持っていったとしても、傷んでしまっては台無しですので、この点は絶対に抑えておきましょう。

カロリーの高いもの

気温が高い中、起伏の激しい山道を長時間歩く夏の登山では、想像以上に体力を消費します。

その結果、登山するためのエネルギーが不足してしまう「シャリバテ」という状態に陥ってしまう恐れがあるのです。

エネルギーを効率よく摂取して、「シャリバテ」を避けるためには、カロリーの高い食品が適しています。

軽いもの

登山において、重い荷物を持ち運ぶのは致命的な体力の消耗につながります。

体に負担がかからないよう、少しでも身軽な状態を作ることが重要となります。

食材も比較的軽量なものを選び、無駄にエネルギーを消費しないよう気を付けましょう。

スポンサーリンク

夏登山でおすすめの山ごはん7選

上記で述べたような条件をクリアしたおすすめの食材を7つピックアップしました。

夏登山には、これらの山ごはんを持っていけば楽しめること間違いなしです!

カップラーメン

カップラーメンは、水分、塩分、炭水化物にタンパク質と、登山に必要なエネルギーを摂取できる優れものです。

お湯を入れて3分で完成、という手軽さも魅力的ですよね。

 

夏の登山で疲れ切った身体には、カップラーメンの美味しさがダイレクトに染み渡ります。

普段、自宅や会社で食べるのとはまた違った味わいを感じられるでしょう。

おにぎり

とにかく腹持ちが良く、手軽に食べられるおにぎりは、登山のみならず遠足やピクニックでも大人気の食品ですよね。

ゴミが少なくて済むので、下山の際にはより身軽になれるのも利点です。

 

また、海苔にはビタミンやタンパク質が含まれているため、海苔を巻くことをおすすめします。

ただし、おにぎりの具材には注意してください。

 

いくらや生たらこなど傷みやすいものではなく、高温化でも傷みにくいものを選びましょう。

おすすめの具材は、クエン酸も同時に摂取できて、かつ傷みにくい「梅干し」です。

フリーズドライ食品

フリーズドライといえば、真っ先に「味噌汁」を思い浮かべる方が多いかもしれません。

しかし最近では、主食やおかず、デザートなどその種類は多岐にわたっています。

非常に軽量でコンパクトですし、傷みにくさもトップレベル。

 

その上、お湯を注げば簡単に完成しますので、夏の登山にはぴったりの食品ですね!

「この食品をどうしても山ごはんに取り入れたい…」という方は、一度フリーズドライ食品であるかどうかチェックしてみてください。

ドライフルーツ

ドライフルーツは、今回ご紹介する山ごはんの中で最も手軽に糖分を摂取できる食品です。

炭水化物は、一度糖分に変換されてからエネルギーとして身体に入るのに対し、糖分は直接エネルギーとなるため、即効性が高いといえます。

 

また、登山中にバテないためには、とにかく水分補給が必須です。

ドライフルーツをこまめに食べることで、自然と喉が乾いて水分摂取にもつながるでしょう。

レトルトカレー

「登山といえども、昼食にはしっかりこだわりたい!」という方には、レトルトカレーがおすすめです。

野菜やお肉、シーフードなど様々な食材の入ったカレーは、もちろん栄養素的にバッチリです。

 

フリーズドライ食品と比べるとやや重量は大きくなってしまいますが、その分ゴロゴロとした具材を味わえるので、クオリティもワンランクアップします。

ただし、レトルトカレーを山で楽しむためには湯煎が必要となりますので、バーナーの持参をお忘れなく!

サンドイッチ

「山ごはんでもおしゃれな雰囲気を味わいたい!」という方におすすめなのがサンドイッチです。

挟む具材をお好みで選べますし、手軽で軽量。

 

もちろん、炭水化物や野菜などが取れますので、エネルギー補給の面から見ても優れています。

色とりどりな具材を挟んでSNSに投稿すれば、普通の人よりも少しレベルの高い山ごはんをアピールできるでしょう。

カロリーメイト

カロリーメイトは、手軽にバランスよくエネルギー補給ができる食品として有名ですよね。

これひとつで、タンパク質や脂質・糖質、ビタミンやミネラルなど、バランスよく栄養を摂取することができます。

 

長時間の夏登山中、歩きながらでも手軽に食べられますし、リュックの中で潰れたり崩れたりする恐れがありません。

登山前にコンビニに立ち寄ると手軽に購入できますので、朝時間がなくて山ごはんを作ってこられなかったという方にもおすすめです。

スポンサーリンク

【まとめ】山ごはんでエネルギーを補給して登山を楽しもう!

この記事では、夏登山におすすめの山ごはんを7つ厳選して紹介しました。

夏の登山に持っていく山ごはんには、いくつか条件はあるものの、こんなにも様々な種類の食品があります。

 

大自然の中で食べるご飯はものすごく満足感があり、美味しく感じられるものです。

登山する前に、山の難易度や所要時間、気温や天候などたくさんのリサーチをして、ぜひ目的にあった山ごはんを選択してください。

素敵な山ごはんと共に、夏の登山を全力で楽しみましょう!

 

ソロキャンプはとっても魅力的!ひとりでも作れる簡単キャンプ飯7選! 

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました