つまごいパノラマライン【嬬恋村の絶景】嬬恋村道

つまごいパノラマラインプレイス

つまごいパノラマライン【嬬恋村の絶景】嬬恋村道

群馬県吾妻郡嬬恋村に位置するつまごいパノラマラインは、高原キャベツ畑の広がる広域農道として開発された道路です。現在は嬬恋村道になっている大自然を満喫できるつまごいパノラマラインを紹介します。

 

スポンサーリンク

嬬恋村とは

 

群馬県の西に位置する吾妻郡嬬恋村は、四阿山の登山道のひとつになっている現在は鳥居峠(旧碓日坂)で、亡き愛妻を偲んだ伝説から嬬恋村(つまごいむら)と名付けられています。

 

自然豊かな標高標高800メートル~1,400メートルの涼しい冷涼の高原地にあり高原キャベツの生産量上位になっている名産地です。

 

高冷地の大自然の広大なキャベツ畑で育てられた、嬬恋高原キャベツは甘くやわらかく収穫時は、おいしいキャベツが食卓を楽しませてくれます。新鮮な朝どり嬬恋キャベツで作ったロールキャベツは絶品ですよ。生のままでも、美味しくパリパリ食べることができてしまう嬬恋キャベツです。

 

周辺には、草津温泉、万座温泉、鹿沢温泉、嬬恋バラギ温泉、嬬恋高原温泉、反出来温泉などたくさんの温泉があります。又嬬恋村の最奥地にある万座温泉は、標高1.800メートルの位置にあり硫黄濃度日本一のにごり湯で、地表から湧き出ている天空の名湯になっています。万座温泉まで向かうには、距離がありますが、神々しい場所にあります。

 

 

パノラマラインがある嬬恋村は大自然の嬬恋村万座がある

嬬恋村万座

 

 

 

約200種類もの高山植物が一斉に咲く山々の麓にある嬬恋村は、群馬県でも名湯に囲まれた大自然の地にあります。万座温泉の南側に位置する嬬恋村につまごいパノラマラインがあります。

 

 

 

つまごいパノラマライン【嬬恋村】

つまごいパノラマライン【嬬恋村】

 

 

 

スポンサーリンク

つまごいパノラマライン【嬬恋村の絶景】嬬恋村道

 

つまごいパノラマラインの秋の紅葉シーズンは、とても美しい紅葉の山々を見ることができます。10月中旬頃から色づき始め、鮮やかなロケーションが始まります。四季折々の色々な角度から見られる大展望の浅間山も魅力のひとつとなっています。

 

 

 

つまごいパノラマラインから見る浅間山

つまごいパノラマラインから見る浅間山

 

 

 

群馬県の西に位置する大自然の中にあるつまごいパノラマライン【嬬恋村道】はたくさんの見どころがあります。

 

 

 

つまごいパノラマラインから見る景色

つまごいパノラマラインから見る景色

 

 

 

嬬恋村のつまごいパノラマラインは、浅間山、四阿山、草津白根山(本白根山)の3座の日本百名山と長野・群馬県境に位置する山々に囲まれ、田園風景や広大な見渡すかぎりのキャベツ畑がある嬬恋村道です。別名玉菜畑(たまなばたけ)を走ることができます。

 

 

 

嬬恋パノラマラインのキャベツ畑と景観

つまごいパノラマラインのキャベツ畑と景観

 

 

 

広域農道ですので信号もありません。農耕車両優先です。時間に寄っては農耕車両が走っています。キャベツ収穫シーズンは、特にたくさん走っています。

 

 

 

つまごいパノラマライン【嬬恋村の絶景】嬬恋村道【広域農道看板】

つまごいパノラマライン【農耕車注意】

 

 

 

そんなのどかな田舎風景もつまごいパノラマラインの魅力です。気おつけて運転してくださいね。

 

 

 

つまごいパノラマライン【愛妻家&農耕車両】注意看板

つまごいパノラマライン【愛妻家&農耕車両】注意看板

 

 

 

つまごいパノラマラインは広大な空と雄大な景色が広がる浅間・白根・志賀さわやか街道にある絶景広域農道です。

 

 

 

さわやか街道【つまごいパノラマラインルート案内マップ】

さわやか街道【つまごいパノラマラインルートマップ】

 

 

 

解放感と爽快感が味わえる延長35キロ程の嬬恋村の半分以上を走ることができる嬬恋村道ワインディングロードです。

 

 

 

つまごいパノラマライン【嬬恋村の絶景】嬬恋村道・ワンディングロード

つまごいパノラマライン【嬬恋村道】

 

 

 

スポンサーリンク

つまごいパノラマライン【南ルート】【北ルート】

 

 

つまごいパノラマラインは長野原町方面から入る北ルートと北軽井沢方面から入る南ルートがあり、北ルートは約23キロ程南ルートは約11キロ程日本風景街道です。

 

 

 

つまごいパノラマライン【嬬恋村の絶景】嬬恋村道・つまごいパノラマライン

つまごいパノラマライン

 

 

鳥居峠と新田代橋の国道144号線を境にして、北側につまごいパノラマライン北ルート南側につまごいパノラマライン南ルートと呼ばれる2つのルートがあります。

 

 

すぐ東側には、浅間山を近くに感じて走ることが出来る約10キロ程鬼押ハイウェイの直線道路が位置しています。北側には、約22キロ程の万座ハイウェイと絶景道路が備わっています。

 

 

 

鬼押ハイウェイ

つまごいパノラマライン東側には鬼押ハイウェイ

 

 

 

つまごいパノラマライン

つまごいパノラマライン

 

 

 

スポンサーリンク

つまごいパノラマライン北ルート

つまごいパノラマライン北ルート入口は、群馬県吾妻郡草津町前口です。

 

国道292号線「日本ロマンチック街道」から県道59号線「草津嬬恋線」に入ります。群馬県吾妻郡草津町大字前口にセブンイレブン群馬草津前口店があります。国道292号線からセブンイレブンの南側にあるこちらの道路から北ルートへと入っていきます。

 

 

 

つまごいパノラマライン北ルート入口

つまごいパノラマライン北ルート入口

 

 

 

この周辺は、草津温泉に向かう通過地点にもなっていますので観光シーズンはとても渋滞することが多いです。

 

 

草津町大字前口から入り、県道59号線「草津嬬恋線」を走っていくと、赤川という川がありますので、赤川にかかっている短い小さな「あかかわはし」を渡ります。この赤川橋を渡ると長野原町から嬬恋村に入ります。

 

 

 

つまごいパノラマライン北ルート入口【長野原・嬬恋分岐点】

つまごいパノラマライン北ルート入口【赤川橋】

 

 

 

 

つまごいパノラマライン北ルート入口【嬬恋村】

つまごいパノラマライン北ルート入口【嬬恋村】

 

 

 

赤川橋を渡り嬬恋村に入るとすぐパノラマライン北ルートの案内看板がでてきます。

 

 

 

つまごいパノラマライン北ルート入口

つまごいパノラマライン北ルート入口

 

 

 

つまごいパノラマライン北ルート入口【南側】道路案内標識

つまごいパノラマライン北ルート入口【南側】

 

 

 

こちらを右折して、つまごいパノラマライン北ルートに入っていきます。

 

 

 

つまごいパノラマライン北ルート

つまごいパノラマライン北ルート

 

 

 

つまごいパノラマライン【嬬恋村の絶景】嬬恋村道・北ルート

つまごいパノラマライン北ルート

 

 

 

右折すると「パノラマライン北ルート」と書かれた頭上標識とワインディングロードが視界に入ってきます。

 

 

 

つまごいパノラマライン【嬬恋村の絶景】嬬恋村道・つまごいパノラマライン北ルート

つまごいパノラマライン北ルート

 

 

 

四阿山・茨木山・草津白根山の山麓にあるバラギ高原・嬬恋高原の壮大な空が続くワインディングロードを走ります。素晴らしい無名の数々の滝を見ることが出来る秘境の地に流れる万座川にかかる熊野大橋を渡っていきます。

 

 

北ルートには、つまごいパノラマライン門貝展望台があります。広くなっている路肩にあるスペースから景色が眺められます。のどかなのんびりとした風景が見ることができますが、季節に寄っては草むらで視界を妨げることがあります。

 

 

つまごいパノラマライン北ルートは、冬季閉鎖になる区間があります。又冬季閉鎖以外にも道路状況などによって通行止めになることがあります。

 

 

 

つまごいパノラマライン北ルート入口に立てかけられている北ルート通行止め案内看板】

つまごいパノラマライン北ルート入口【通行止め案内看板】

 

 

つまごいパノラマライン北ルート入口になる草津町大字前口の交差点には、「大雪の場合は一時通行止めになる」と案内看板が立てかけられています。北ルートでは、雪積の状態によっても交通規制がかかります。

 

 

スポンサーリンク

つまごいパノラマライン南ルート

つまごいパノラマライン南ルート入口は、群馬県吾妻郡嬬恋村大笹大平です。

 

日本百名山の浅間山山麓の北側を走るつまごいパノラマライン南ルートは、県道235号大笹北軽井沢線にある群馬県吾妻郡嬬恋村大笹大平の標高1100メートルにあるゴルフ場「Royal Blue Golf Resort・ロイヤルブルーゴルフリゾート」からつまごいパノラマラインに入ります。

 

県道235号線から曲がるとすぐ路面上にペイントで「つまごいパノラマライン」と描かれた道路標示があります。その前方には、直線の道路が見えてきます。つまごいパノラマライン南ルートです。

 

浅間山・子浅間山・黒斑山の山麓や牧場地帯を走ります。

 

スポンサーリンク

つまごいパノラマライン

3座の日本百名山を走り抜けるつまごいパノラマラインは、浅間・白根・志賀さわやか街道と呼ばれており、たくさんの魅力が溢れている嬬恋村道です。

 

北ルートと南ルートのどちらから入っても楽しむことができます。夏から秋のキャベツ畑の収穫前は、広大な空の下で一面のキャベツ畑やトウモロコシ畑や連なる山々を眺め走ることができ、ドライブやツーリングやハイキングなどお好きなように嬬恋村の大自然を楽しむことができます。

 

 

つまごいパノラマライン浅間山の絶景

つまごいパノラマライン

 

 

 

つまごいパノラマラインは、山道を越える峠道とはまた違った気分が味わえる広域農道です。

 

 

 

つまごいパノラマライン【嬬恋村の絶景】嬬恋村道キャベツ畑

つまごいパノラマラインキャベツ畑

 

 

 

又つまごいパノラマラインから、万座ハイウェイへは、【立体交差】ですので行くことはできません。

 

 

 

つまごいパノラマライン【嬬恋村の絶景】嬬恋村道キャベツ畑

つまごいパノラマラインキャベツ畑

 

 

とうもろこし畑

 

 

つまごいパノラマラインはキャベツ畑だけじゃありません!とうもろこし畑も走り抜けます。

 

 

つまごいパノラマライン【嬬恋村の絶景】嬬恋村道とうもろこし畑

つまごいパノラマラインとうもろこし畑

 

 

つまごいパノラマラインには、キャベツ畑の他にもとうもろこし畑もあります。

 

 

夏のとうもろこし収穫時には、嬬恋高原野菜の新鮮なとうもろこしが食べられます。

 

 

嬬恋高原野菜

 

パノラマライン周辺には、高原野菜直売所のお店がたくさん並んでいます。そのまま生で食べられるとうもろこしにも出会えることもあります。朝どりのとうもろこしを生で、食べてみるのも嬬恋ならではです。

 

朝どりの生のとうもろこしは粒がしっかりしていて歯ごたえがありとても甘いです。

 

つまごいパノラマラインには、キャベツ畑を始めじゃがいも畑など色々な畑がありますので見つけてみてください。

 

大自然や絶景楽しみながら嬬恋高原野菜もおススメです。

 

千俣の清水

つまごいパノラマライン北ルートのすぐそば112号線沿い(大前須坂線)に、とても冷たくてまろやかで美味しい千俣川の湧水「千俣の清水」があります。湧き出ているところは1ヵ所しかないので、マナーを守って譲り合って汲んでくださいね。

通り過ぎてしまいそうなわかりずらい場所かもしれませんが、気づいたら是非一口飲んでみてください。道路沿いにあり車を止められるスペースがあります。

この辺りは、野生動物が多いのでもしかしたら湧水を飲みながら、カモシカに出会うかもしれませんよ。



 

愛妻の丘

 

 

つまごいパノラマラインの北ルートには、愛妻の聖地である愛妻スポットの愛妻の丘があります。

 

 

つまごいパノラマライン北ルートにある愛妻の丘道路標識

つまごいパノラマライン北ルート【愛妻の丘・道路標識】

 

 

 

つまごいパノラマライン【嬬恋村の絶景】嬬恋村道・愛妻の丘

つまごいパノラマライン・愛妻の丘

 

 

 

愛妻の丘には、簡易式のトイレが設置されています。木の階段を、5分程登っていくと展望台があり愛妻の丘から、鹿沢ダム(かざわダム)のダム湖である田代湖(鹿沢貯水池)を見下ろすことができます。田代湖は、発電に使用する人造湖のため水位がいつも変わります。

 

 

鐘が設置され、愛を叫ぶといわれているこの丘では、キャベツ畑と雄大な浅間山を見ながら、愛でなくても何でも叫べそうな気がします。

 

 

 

つまごいパノラマライン・愛妻の丘から景色

愛妻の丘から景色

 

 

 

独身でもキャベツ畑に向かって、何か叫んでみてください。雄大な景色が受け止めてくれるはずです。

 

田代湖の近くの嬬恋高原には、日本武尊の流した涙と言われる「タケルの涙」が脇き続けている湧水が飲用できる温泉「つつじの湯」があります。



バラギ高原バラギ湖

 

 

つまごいパノラマラインには、バラギ高原があります。

 

 

つまごいパノラマラインバラギ高原

バラギ高原

 

 

日本百名山のひとつである四阿山山麓には、周囲2キロ程のバラギ高原がありバラギ湖があります。お散歩できる遊歩道があり、バラギ湖を40分程で周遊することができます。

 

 

静かな湖畔で、リラックスしながら歩くことができます。

 

バラギ湖畔周遊コースの他に石樋ハイキングコースや四阿山山頂を目指す登山コースもあります。四阿山はコースルートが豊富で、初心者の方には、山頂駅までゴンドラを使用して、四阿山に登るコースなどもあり、様々なルートを選択でき、体力に合わせてアレンジができますので自然を満喫できますね。冬季期間は、鳥居峠は通行止めになります。日本百名山である四阿山山頂(標高2,354 メートル)は360度の展望です。

 

 

 

つまごいパノラマライン山麓四阿山山頂

四阿山山頂

 

 

 

バラギ高原には「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」もあり四季折々の自然が楽しめます。冬季のシーズンは、バラギ湖ではワカサギ釣りも楽しめます。嬬恋バラギ温泉「湖畔の湯」で疲れた体もリフレッシュできます。湖畔の湯は、現在入場制限をしていますので確認してみて下さいね。

 

バラギ高原のパルコール嬬恋リゾートは、2021年12月4日に滑走可能予定のようです。バラギ高原も雪景色に変わっていきます。美しい雪山を見ることができますね。雪山登山が楽しみな季節に入ります。

 

 

熊野神社(パワースポット)

つまごいパノラマライン北ルートから、回り込んだ脇道に嬬恋村門貝に鎮座している熊野神社には、樹齢1100年以上ともいわれる鳴尾の熊野神社大杉の「逆さ杉」があり県指定天然記念物になっています。

 

樹齢1100年以上の杉の木には圧倒されます。赤い鳥居をくぐり、50段程の階段をゆっくり深呼吸しながら頑張って本殿にお参りしてみてください。パワースポットにもなっています。たくさんパワーをもらえますよ。



 

鎌原観音堂

 

 

 

つまごいパノラマラインおススメの鎌原観音堂

鎌原観音堂

 

 

嬬恋村の仏教寺院鎌原観音堂(かんばらかんのんどう)は、1783年浅間山の噴火の火山災害で村人達が避難して、助けられた寺院で東洋のポンペイと言われてます。厄除け観音として信仰されているお寺です。赤い橋をわたり15段程の石段を登ると観音堂があり観音菩薩が祀られています。立ち寄ってみてくださいね。

 

千俣親水公園

案内看板はありませんが、とても癒される静かな公園です。トイレや東屋もあり、休息するのにおススメスポットです。千俣川の流れを見ながらホッとできる心地良い場所です。川のせせらぎを聞きながら、ランチもできます。浅い川が流れているので、夏は川遊びもできます。川沿いをのんびりお散歩してみてはいかがですか。心も体もリラックスできますよ。

 



 

大前駅

 

 

 

嬬恋村の秘境駅の大前駅

嬬恋村・大前駅

 

 

秘境感あふれる関東の鉄道最西端の無人駅「大前駅」があります。1日5本程発車運行(午前中に3本・午後に2本)しています。標高800メートル程に位置しておりJR吾妻線の静かな終点駅です。大前駅の北側には、吾妻川が流れており、耳を澄ますと流れゆく川のせせらぎの音が聞こえます。

お時間がある方は是非立ち寄ってみてくださいね。どこか懐かしい昭和を感じさせてくれる風景が心地よい優しい気持ちになれますよ。



 

メロディーライン

 

群馬県内には、現在メロディーラインが10ヵ所あります。そのひとつが嬬恋村にあります。つまごいパノラマライン南ルートから94号線「東御嬬恋線」を湯尻川沿いに走っていくと、たまだれの滝の手前に、メロディーラインがありますので、寄り道していくのもおススメです。

法定速度で走ると、雪山賛歌が流れます。その先には、雪山賛歌の碑もあります。

 

 

嬬ちゃり

 

嬬恋村には、「嬬ちゃり」というレンタサイクルがあります。つまごいパノラマラインの大自然の中を自転車で走ることが出来ます。運動が苦手な方にも、とても優しい電動自転車アシストでつまごいパノラマラインを走ることが出来ますので、自転車に乗って嬬恋村道である広域農道を満喫すできます。嬬ちゃりは嬬恋村観光案内所でレンタルすることができます。

 

防寒対策をしっかりして、嬬恋村の大自然の中を自由に走り回ってみてくださいね。つまごいパノラマライン【嬬恋村の絶景】嬬恋村道は自転車でも楽しめます。

 

スポンサーリンク

まとめ

つまごいパノラマライン【嬬恋村の絶景】嬬恋村道はいかがでしたか。

秋になり気温も、一気に低くなり冷え込んでいます。雪の降る前に防寒対策をして、秋の紅葉の美しい大自然のつまごいパノラマライン嬬恋村道でのどかな絶景を楽しんでください。

 

毛無峠【秘境】絶景

御荷鉾スーパー林道【西上州の絶景林道】通行止め解除!2021夏

御荷鉾スーパー林道【冬】2022

姫街道もみじライン【紅葉ロード】2021秋

渋峠【日本国道最高地点】2021夏・絶景ロードを走る

田口峠【西上州と信州をつなぐ】秘境の峠2021

【コスモス街道】2021秋のコスモスが見頃です!開花情報

富士見峠【榛東村】

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました