【危険予知トレーニング】で安全登山

登山トレーニング

登山するなら危険予知トレーニングで、危険回避し楽しく安全な登山を目指しましょう。

スポンサーリンク

危険予知トレーニングとは

 

 

 

危険予知トレーニング

 

 

危険予知トレーニングというトレーニングがあるのですがご存知でしょうか?危険予知トレ
ーニングとはKYTというような頭文字だけでも知られています。「KYT」とは(危険(K)予知(Y)トレーニング(T))危険予知トレーニングを日々おこなっておくことで、毎日安全に過ごすことが出来るとされています。身に降りかかる危険要因を予測し、的確に回避することです。

 

 

 

危険予知トレーニング【安全とリスク】

 

 

 

特に現代では、子供に対しての危険予知トレーニングを導入している学校や子供会や今増えているといわれています。危険予知トレーニングが、なぜ子供たちの間に必要なことなのか、最近の子供というのは直接体験がなかなかできない環境で育っていますから、危険を予知したり、危険を回避する能力が、昔に比べると低下しているといわれています。

 

 

危険予知トレーニング

 

 

 

そのため、今までは自然と身に付いていた危険予知能力をわざわざトレーニングで見に付けさせるというわけです。

 

 

 

 

 

 

危険予知トレーニングは具体的には何をすればいいのでしょうか。危険予知トレーニングでは、まずは色々と日常生活の現場を見ながら、この状況でどんな危険があるのか、どんな危険が隠れているのかということを話し合ったり、どこが危険であるか、危険な場所について具体的に話し合いをしていきます。危険の回避法についても話をします。

 

 

登山においても危険予知トレーニングを行っている人と、行っていない人の危険な目に遭ってしまう率というのはかなり違ってきます。

 

 

普段の日常生活においても、今の世の中何があるかわかりませんので、危険予知トレーニングを行うようにして、十分に注意していれば危険を回避することができると思います。

 

 

①登山に強くなる【メンタルトレーニング】

➁登山が楽しくなる簡単【バランス感覚トレーニング】

➂【握力トレーニング】で登山パフォーマンス向上

スポンサーリンク

安全登山を目指すには

 

大自然の中に、身を置くことは素晴らしい感動がありますね。アウトドアスポーツもたくさんあります。登山、キャンプやハイキングやスキーなど数え切れませんね。

 

危険予知トレーニングの訓練をすることで、様々な危険や災害から身を守るひとつの知識として登山中の様々なリスクを減らし遭難防止ができ安全登山を楽しめるということです。

 

 

【危険予知トレーニング】で安全登山

 

 

登山ルートは、必ず事前にしっかりと確認して、特に危険な岩稜帯や破線ルートやバリエーションルートなどは、危険と隣り合わせですので、自然の中で、ハイテンションで開放的になっている状態かもしれませんが、どんな時でも登山中には、危険は隣り合わせだということを忘れずに、楽しみたいですね。

 

頑張って登頂して、見る景色は、言葉では表現できないほどの感情が湧き出て感銘を受けますよね。登山される方の思いは皆さんきっと同じだと思います。自然の怖さを知ることで、危険を回避して楽しく登山できると思います。登山中遭遇する様々な状況の中で、危険予知トレーニングを、身につけ自分の身を守り、アウトドアスポーツを、安全に楽しんでいきましょう。たくさんの素晴らしい感動から、たくさん喜びを得て素敵な人生にしていきましょう。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました